【TREK WORLD 2018】マウンテンバイク!

年に一度のTREK展示会『TREK WORLD』。
2018年モデルを一堂に見られるこの場所でニューモデルをチェックして来ました。
バイクのジャンルや車種などごとで紹介していきます。
今回はマウンテンバイク(以下MTB)編。

トレックではMTBのジャンルを
●クロスカントリー
●トレイル
●ダウンヒル
上記の3つに分けています。

一応、今回はそれに倣ってご紹介していきます。

●クロスカントリー
一番身近で汎用性の高いジャンルのバイク達。
低価格帯のバイクから幅広いくラインナップされています。

≪X-CALIBER 7≫ ¥92,000 (税込価格¥99,360)
tw2018Xcaliber-windsbikes8
カラーは2種類、マットメタリックガンメタル(&ブルー)(上)とバイパーレッド(下)。
「8」と同じフレームを使用しながらパーツでコストダウンを図り、10万円を切る魅力的な価格に。
街乗り、通勤はもちろん、トレイルライド入門用に。
tw2018Xcaliber-windsbikes7

WINDSBIKESでもイチオシのMTB入門機、「8」。
≪X-CALIBER 8≫ ¥111,000 (税込価格¥119,880)
2×10速のドライブトレインを備え、エアサスペンションフォークをインストール。

tw2018Xcaliber-windsbikes9
鮮やかなウォータールーブルー。
フルモデルチェンジを受けフレームのパイプ形状も刷新されました。
tw2018Xcaliber-windsbikes2
もう1色、マットメタリックガンメタル。渋い!
ブルーやレッドなどのカラーが苦手な方にはオススメです。
tw2018Xcaliber-windsbikes6
以前にもご紹介した「9」。
≪X-CALIBER 9≫  ¥166,000  (税込価格¥179,280)
tw2018Xcaliber-windsbikes3
カラーはマットドニスターブラック。
仕様は2×11速仕様、エアサスペンション、下位グレードよりもタフなホイールとチューブレス化がすぐにできるタイヤを装備。
tw2018Xcaliber-windsbikes5

ここから軽量でクロスカントリーレースも主眼に置いたバイクです。
≪PROCALIBER 8≫ ¥232,000 (税込価格¥250,560)
tw2018procaliber-windsbikes11
軽量な「アルファアルミニウム」を採用しています。
アルミでありながら「ISO SPEED」と呼ぶ振動吸収の要であるこの仕組みのおかげでライダーへのストレスをカット。長丁場のライドに非常に効果的です。
このクラスからホイールを取り付けている部分の規格が「BOOST」と呼ばれる幅の広いものとなります。ホイール径が29インチでありながら高い剛性を獲得。
そしてこのモデルには「13.5」インチという最小のフレームサイズが用意されています。
27.5インチホイールと合わせ小ぶりな車体は身長150cm前後の方でもお乗りいただけます。
tw2018procaliber-windsbikes5

≪PROCALIBER 9,6≫  ¥288,000 (税込価格¥311,040)
9.6以上はフレーム素材にカーボンを採用します。
「ISO SPEED」システムと相まってさらにライダーへのストレスが少なく、かつ軽量なバイクに仕上がっています。
tw2018procaliber-windsbikes10
このグレードは2色展開。バイパーレッドと
tw2018procaliber-windsbikes1
マットトレックブラック。ホワイトのロゴがすっきりした印象。
tw2018procaliber-windsbikes8
カーボンフレームですがオフロードでネガティブな要素はありません。
軽量性や振動吸収性は確実にライドスキルの向上を後押ししてくれます。
tw2018procaliber-windsbikes2

ウルトララライトOCLV MTBカーボンフレームを採用する「9.8SL」。
≪PROCALIBER 9.8 SL≫ ¥547、000 (税込金額¥590、760)
クロスカントリーレースで本気で頑張るなら、軽量なカーボンバイクをいかがでしょうか?
tw2018procaliber-windsbikes3
MTBでありながらカーボンロードバイク並みのフレーム重量を実現しています。
スラム製1×12速のワイドレシオで急な坂にも対応可能。
tw2018procaliber-windsbikes4

リアタイヤの衝撃を吸収し路面との追従性を向上させるフルサスペンションモデル。
「TOP FUEL」シリーズも健在です。
≪TOP FUEL 9.7≫ ¥408,000 (税込金額¥440,640) 
フロント、リアともに100ミリのストロークを持つフルサスペンションモデル。
ガタガタの路面からの衝撃を吸収し、ライダーにより安定したライドをもたらします。
tw2018topfuel-windsbikes1
ハンドルを持っているときにでも左手で前後サスペンションのロック機構を操作できます。
路面がキレイでフラットや上り坂でロスなくペダリングできるのが特徴。
tw2018topfuel-windsbikes2

さらに軽量な「SL」フレームを採用したモデルがこちら。
≪TOPFUEL 9.8 SL≫  ¥584,000 (税込金額¥630,720) バイパーレッド
「9.7」に比べ、後ろ側のフレーム(チェーンステー、シートステー)にもカーボンを採用しています。
tw2018topfuel-windsbikes3
カラーはバイパーレッドにホワイトのアクセントとロゴ。
その他、「PROJECT ONE NOW」というシステムで予め用意された3つのデザインからもカラーを選択可能となっています。
さらに様々なカラーやパーツアッセンブルをカスタマイズできる「PROJECT ONE」にも対応しています。
tw2018topfuel-windsbikes4

●トレイル
「トレイル」と言っても普段のお気に入りのトレイルの中で、または富士見パノラマスキー場や岩岳スキー場に代表される常設コースで、どのようなトレイルを主眼において走るかによってバイクのタイプを選ぶことができるモデルが3つ用意されています。

画像上段≪FUEL EX 9.8 29≫  ¥602,000 (税込金額¥650,160) マットガンメタル
画像下段≪FUEL EX 8 29≫ ¥370,000 (税込金額¥399,600) マットクイックシルバー

前後ともに130mmストロークのサスペンションを備え、29インチのタイヤと相まって万能に使える FUEL EX シリーズ。
「9.8」以上はプロジェクトワンにも対応しているのでカラーだけでなく仕様などもカスタマイズ可能です。
tw2018fuelex29-windsbikes1
WEBやカタログに「29erと27.5インチホイールの・・・」という文言がありますが、アメリカ本国では両方のタイヤサイズのモデルが用意されており、サスペンションストロークが便妙に違うなどラインナップが豊富に展開されています。
日本国内へは29erのみの入荷となります。27.5インチ(セミファット及び「+」(プラス)規格)への変更はご相談ください。
tw2018fuelex29-windsbikes2

27.5インチホイールのみのラインナップとなる「REMEDY」シリーズ。
アルミモデルからカーボンバイクまでラインナップされています。

≪REMEDY 8 27.5≫ ¥370,000 (税込金額¥399,600) マットドニスターブラック
フロント160mm、リア150mmストロークのサスペンションを搭載。29erに比べ小ぶりなホイールはクイックな反応で取り回しやすい性格です。
「8」はマットドニスターブラックにブラックのロゴのステルス仕様。
tw2018remedy-windsbikes6
「トレイル」にカテゴライズされるこれらのバイクはBONTRAGER製ドロッパーポストが標準装備。走行中にサドルの上げ下げが手元のレバーでできる優れもの。別途購入すると3~6万円ほどするのでお得です!
tw2018remedy-windsbikes5
ブレーキもとても効きの良い「SRAM GUIDE R」ブレーキを装備。
10-50Tの超ワイドレンジのギアも備わっていてこのままで充分と言っても過言ではない仕様となっています。
tw2018remedy-windsbikes4

さらにカーボンフレームを採用した「9.7」。
どちらかというと下りメインの使い方に。
≪REMWDY 9.7 27.5≫ ¥463,000 (税込金額¥500,040) トレックブラック/バイパーレッド
tw2018remedy-windsbikes7
「下りメイン」と言うのはギア比。
このモデルのスプロケットは11-42T。クランク側のチェーンリングは32Tで、登りのシチュエーションでは「健脚向き」です。27.5インチのホイールですが装着されるBONTRAGER XR4タイヤの幅は2.4インチと幅も外径も大きくなるためもうちょっと軽いギアの組み合わせにカスタマイズする必要があるかも、です。
tw2018remedy-windsbikes9
メインフレームはカーボン製、後ろ側はアルミとなります。
tw2018remedy-windsbikes30
トレイルバイクラインナップにはこの「ノックブロック」システムが装備され、万が一の転倒時にハンドルが「ぐるーん」となってワイヤーやフレームの損傷を最小限にとどめることができます。ハンドルの切れ角に制限を付けているのですが通常走行時にそこまで切ることはほぼありませんのでご安心ください。
tw2018remedy-windsbikes10

続いてREMEDYシリーズの最高峰。
≪REMEDY 9.8 27.5≫ ¥602,000 (税込金額¥650,160) クイックシルバー/トレックブラック
メインフレーム、チェーンステーにOCLV MOUNTAIN カーボンを採用、さらに最新式の「RE:aktiv」と「Thru Shaft」ダンパーを採用したリアユニットを搭載。完成されたサスペンションシステムと相まって最高のパフォーマンスを提供します。
tw2018remedy-windsbikes11
ユニットの構造やそれが何で良いのかはまた別途ご案内するとして・・・
ライバル車種はないトレックのREMEDYとSLASHにのみ搭載されるスペシャルで全長230mmとクラストップの長さを持つサスペンションユニットを搭載しています。
さらに特筆すべきポイントは2018年モデルで一新されたBONTRAGER製「ホイール」です。カチカチカチというフリーハブのかみ合わせ数が上位グレードホイールには108、下位でも54あり、これはアフターパーツメーカーのモノと比べてもトップクラス。ペダリングの空転時間がさらに減少でき、テクニカルな登りで威力を発揮します。で、その数はシマノ製高グレードハブでも36、一般的な完成車クラスのそれは18程度です。もう全然違います。

29インチホイールを搭載したこんな車種もあります。
画像上段≪SLASH 9.7≫ ¥463,000 (税込金額¥500,040) サンドストーム/トレックブラック
画像下段≪SLASH 9.8≫ ¥639,000 (税込金額¥690,120) Roarange/トレックブラック
REMEDYと同様フロント160mm、リア150mmストロークのサスペンションストロークと29erホイールを搭載した「究極のエンデューロバイク」。
tw2018slash-windsbikes1
ドロッパーポストが標準装備、高剛性の35mm径ハンドル&ステムなどの装備もトレンドをしっかり盛り込んでいます。
tw2018slash-windsbikes2
この2台はグレードにかかわらず最新式の「RE:aktiv」と「Thru Shaft damper」を採用したリアサスペンションユニットを搭載。
REMEDY等と違って「Full Floaer」様式は採用せず、ユニットの下側はフレームに接続されています。
tw2018slash-windsbikes6
水抜きの穴もしっかり準備しています。タフなコンディションにも対応。
tw2018slash-windsbikes5
「ISCG05マウント」タブをBB周りに備えています。「9.8」ではMRP製ガードを標準装備。
倒木や岩を乗り越える時でもチェーンリングやクランクへの直接的なヒットを回避できます。
tw2018slash-windsbikes22
29erのホイールにロングトラベルのサスペンションというとなんだか取り回しに苦労しそうですがそれは杞憂です。
最新の29erはとにかくスゴイ!

●ダウンヒル
これはもう完全に下り専用のバイクです。
ダンヒルレースや常設コースに行く方に。
≪SESSION 9.9 DH 27.5 RACE SHOP LIMITED≫ ¥920,000 (税込金額¥993,600)
ジー・アサートンやレイチェル・アサートンを擁する「TREK FACTORY RACIND DH」チームのオフィシャルバイク、SESSION。
ワールドカップや世界選手権のDHレースで活躍しています。
この完成車はまさにレースバイクそのもの。
tw2018session-windsbikes8
フロントサスペンションストロークはなんと203mm。
tw2018session-windsbikes2
リアサスペンションは210mmのロングストローク。
トレックのフルサスペンションバイクは基本的な構造はほぼ同じとなっています。
それだけ優れた構造と言えます。
tw2018session-windsbikes1
様々なセッティングがダイアルで調整可能なエアサスペンションユニット、Flaot X2を搭載。
tw2018session-windsbikes3
更なるスピードコースや、より安定したバイクがご要望でしたら「SESSION 29 CARBON」フレームセットの販売もあります。
¥649,000(税込金額¥700,920)フレーム&フロントフォーク&リアユニット

今回ご紹介しきれていないバイクもありますが、実際にWINDS BIKES周辺のトレイルや四国のMTB系イベントでは「PROCALIBER」(ハードテール、100mmストロークフロントサスペンション)、「TOP FUEL」(前後100mmストロークサスペンション)、「FUEL EX」(前後130mmストロークサスペンション)この3種がおススメです。
まずはMTBを始めてみたい方は「X-CALIBER」8または9を。
たくさん種類がありすぎてロードバイクを選ぶよりはるかに難しい昨今のMTB。
迷ったらお気軽にご相談ください!

ヤマネ