新着情報&イベント NEWS & EVENT

新着情報&イベント

日本海ロングライド・出雲への道2019フォトレポ 8/31

2019年9月10日

スタッフブログ

8/31(土)17:30  神々が集まる海岸「稲佐の浜」に集合

今年で第12回の日本海ロングライド・出雲への道。

これは8/30(金)深夜にスタートし、しまなみ海道、山陽山陰を貫く山間の道を一日で駆け抜け8/31(土)17:30に島根県出雲市の「稲佐の浜」に集合するというイベントです。

距離は約300kmという長い道のりを各自それぞれのペースで走りいくつかあるミッションをクリアしていくスタイル。

まさにアドベンチャーライド!!

参加者は太平洋ライド、四国の大屋根グランフォンド、夏の冒険尾道ライド、または200kmライドなどを走り参加資格を得て、この日の為に参加者は坂道、暑さ、夜の走り対策などを一生懸命取り組んでいる姿を見て来ました。初めての方やあの感動を再び味わいたい方と25名集まりました。その内1名スタッフみやみや(宮内)は今回が日本海ロングライドが初。期待と不安の中、今回走りました。

日が近づくにつれ当初週間天気では雨?とつぶやかれいましたが「今年は稲佐の浜に集合したい」っという皆さんの思いが伝わり天気は回復。

今振り返るとたくさんの喜び、時には辛い場面もありましたがそれも皆さんと共有し励まし合い大きな感動を得ることが出来ました。本当にありがとうございます。

それでは日本海ロングライド・出雲への道2019 フォトレポスタートです(^O^)/

 

ミッドナイト THE しまなみ街道

 

 

8/30(金)夜に皆さんそれぞの場所からスタートし8/31(土)と日が変わった頃、日中たくさんのサイクリストさんで盛り上がる聖地も夜はとても静か。普段味わえない夜のしまなみ海道。海沿いを走ると真夜中の海を漁船や旅客フェリー、夜釣りをしている人など初体験の連続。

まずは愛媛県から広島県へ。橋までの連絡通路を走行中、目の前に何かいる!?夜の住人達(イノシシ、ウリボー、犬の群れ、ウサギなどのアニマル)と遭遇(・□・;) 刺激しないよう、そぉ~っと後退、一気に駆け抜ける、っとハラハラ(;゚Д゚)  ガサガサッと奥から音が聞こえてきただけでビクッ!!あまりのビビりっぷりに大きな石がイノシシに見えてしまったっという幻覚症状が(@_@;)

 

出雲へ向け北上

しまなみ海道では5名の方と会い5時頃尾道に到着しこれからの長い道のりに備えコンビニや飲食店で朝食を。途中目的地は違いますが島根県松江市までのブルーラインを発見。尾道から稲佐の浜までの距離も大体同じの約180km。まだまだ先は長いです。

薄暗い中、御調峠を走っていると次第に辺りが明るくなり朝がやってきました。峠を下ると一部霧が発生。これはもしや神から出雲への道の試練?!

遠くに集団で走っているグループを発見。Oさんが先頭を走るグループで最初数人だったのがOさんの魅力にひかれ、いつしか7名ほどのグループに。長い峠道をAさん、Kさんと続いて走っています。

HIME☆DOのNさん、Aさん。Aさんまだまだ余裕??バッチリカメラ目線でピース✌

続いてNさん、Tさん。坂道でありながらもこちらもバッチリピース✌

ファーストミッションはここふじのや製菓さんでアップルパイの写真撮影。尾道からここまで約105km。気温は徐々に上昇しここでホッとひと息。

ここ庄原市高野町特産のリンゴをふんだんに使用し甘さ控えめでパイ生地も美味しい(≧▽≦)

ここまでの道中、坂道の連続でお腹ペコペコ。Sさん、Fさんアップルパイを一気にパクッといきました。ふじのやさんは他にも洋菓子、和菓子、アイスなどが販売されアップルパイ+アイスクリームを頼む方が多かったですね🎶

ふじのやさん、美味しいアップルパイと入り口付近駐車スペースを提供していただきありがとうございます。おかげさまでその後元気に走る事が出来ました(^^♪

これより島根県へ

広島県から島根県へ突入。共に走ってOさんを県境で待っているTさん。

グラベルバイクCheck PointALR5であらゆる路面でも乗りこなすSさん。

福原峠にて島根の名水の一つ「福寿水」で水分補給とかけ水などで足を止めひと息。Yさん、Iさんと再会出来ました。

セカンドミッションは稲わら工房に鉄の歴史街並みを写真撮影。いち早く到着したKさんご夫妻とYさん、Sさん。

古い時代から「たたら製鉄」という日本独特の鉄づくりの技術が行われていた場所。

街並みを見た後、築150年の古民家カフェでゆったりとした時間を過ごしています。

サードミッションは須佐神社にて1300年の大杉の写真撮影。ここは須佐之男命(スサノオノミコト)の御魂を祀る日本で唯一の神社で本殿裏手にある樹齢1300年の御神木・大杉は生命力が直に伝わる感じ、どこか落ち着いた空間が神聖な場所。

出雲と言えばもちろん郷土料理のそば、割子そば。須佐神社隣の味処すさのおで香り高い味わいのおそばを堪能。お忙しいところ対応していただき味処すさのおさん、ありがとうございます。

さぁ、ここから稲佐の浜まで残すところ約25km。時間を気にしつつ皆さん最後の力をふりしぼり稲佐の浜に向かいます。

 

ついに日本海へ 感動の瞬間

太陽はゆっくり日の入りを始めようとする夕暮れ時、この時がやってきました。

ゴール地点 稲佐の浜到着!!

到着した皆さんから喜びの声がたくさん聞こえてきました。一緒に走ってきた仲間たちと喜びを分かち合ったり、この感動を残そうと共に走ってきた愛車と一緒に記念撮影と色んな思いでここまで皆さん一生懸命走ってきました。初参加の方はその感動はまた人一倍だったのではないかと思います。

その後次々と皆さんの稲佐の浜にゴール。ほぼ同じ時間帯にゴールして皆さんと一緒に感動のゴールを共有するというのはいいものですよね。その中で私みやみや(宮内)はまだゴールしていない方、時間までに間に合うだろうかっとドキドキしながら待ち、そしてゴール地点に辿り着いた時物凄く嬉しかったです。「お疲れ様です、ナイスラン!!」っと声をかけハイタッチしたKさん。

 

去年は撮る事が出来なかった稲佐の浜での集合写真。今年は撮る事が出来ました。

出雲大社前でもう一枚。

記念撮影後、足は疲労困憊状態ですがホテルまでの約10km、力をふりしぼり走りました。

ホテルに戻りお風呂でサッパリした後は・・・待ってました大宴会!!

美味しい食事とお酒を交えながらお互いの頑張りを称えあいました。会の途中では皆さんから今回の日本海ロングライドで感じたこと思ったことを一言ずつ話していきました。

大宴会の後、ホテルの会議室をお借りしバイクのメンテナンスをする方が何人も?!

そう翌日9/1(日)も走って帰る方が参加者の約半数近くも(゚Д゚;)いつしか「チーム600」っと呼ばれております。

 

冒険というライドはどこまでも続く

チーム600の皆さんは朝5時頃出発していきました。昨日300km走行して今日も300km・・・あっぱれの一言です。他の方は出雲大社を観光、出雲周辺に住んでいるご友人に会いに行く、輪行して帰るなど2日目の過ごし方は様々でした。

スタッフみやみや(宮内)は店長田坂のご厚意で今回カメラマンで同行していただいた高橋さんと一緒に神々集う社「出雲大社」を参拝。大しめ縄は圧巻でした。

お土産店が並ぶ道沿いには出雲神話「因幡ノ白兎」をモチーフにした可愛らしい銅像が(≧◇≦)

出雲大社前にはスターバックスがありふと目に入った「だんだん」松山の方言でもありがとうの意味で「だんだん」ご縁を感じますね。

18時頃WINDSに寄ってくれたのはKさん。途中雨に当たりながらもどんどんとアドレナリンが上昇し数回の休憩で見事600km達成です。

CLOSE20:00に差し掛かろうとした時、遠くから雄たけびが!!そう今回往復600kmで20:00までにはWINDSに寄るっと公言したNさん。Nさん有言実行おめでとうございます!!

今回の日本海ロングライド・出雲への道2019は色んな偶然が重なり無事イベントを行う事が出来ました。ロングライドという冒険はただ長い距離を走るだけでなくその道中での地元の人、街並み、風景、風、美味しいものの出会いがある事でまた行きたいっとどんどん色んな場所を自転車で行きたくなる。良いものですね。

来年2020年は一体どんな冒険がまっているのか1年後が楽しみですね。

最近の記事